2015年01月13日

2015年はTOEICの年になりそう!? 

皆さん、あけましておめでとうございます。
本年も私どもマンツーマン英会話 I-MAKE http://www.i-make.co.jp をどうぞ宜しくお願い致します。

FullSizeRender.jpg


I-MAKEグループでは、新規のスクール開校準備(全国規模)に向け、主にリクルート・ホールディングス(http://entrenet.jp/dplan/0001173/)を通じ、第三次FCオーナー募集を開始させて頂きました。 
お陰様で、一昨年に行った第一次募集、昨年の第二次募集が、それぞれ想定数を上回る方々からのお問い合わせを頂き、全国区に『I-MAKEブランド』を拡大する事が出来ました。

現在I-MAKEは、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、兵庫県、福岡県に展開しております。
今年は第三次募集を通じ、既存展開エリアに加え、更にスクール数を増設する計画が着々と進んでおります。

一人でも多くの英会話を習いたいというお客様に『60分 3,000円(税別)の完全マンツーマン・レッスン』をお届けする為に、エリア拡大やスクール数増設だけでなくサービス向上にも全国スクール一丸となり努めて参りますので、引き続き皆様方のご支援並びにご指導の程宜しくお願い申し上げます。

さて、2015年最初の投稿に相応しい英語関連ニュースをお届けしたいと思います。

日経新聞と日経HRがビジネスマンを対象に、「取得したい資格のランキング」(トップ10位)の調査を実施し、以下の様な結果が出ました。

1位 TOEIC 860点以上
2位 TOEIC 730点〜860点
3位 TOEIC 470点〜730点

4位 宅建
5位 日商簿記2級
6位 中小企業診断士
7位 社会保険労務士
8位 FP技能検定3級
9位 日商簿記3級
10位 行政書士

ご覧の通り、TOEICがスコア別にトップ3を独占するという結果だったそうです。

楽天、ユニクロ、トヨタ自動車などに代表されるグローバル企業を中心に、新卒採用や人事異動の判断材料として「TOEICのスコア」を重視する企業が増加している影響が大きいと思われます。
その為、多くの企業では定期的にTOEIC受験を推奨もしくは義務化しており、実際は「英語資格を取得したい」という方だけではなく「スコアアップを迫られている」という状況に近い方が相当数占めている事が、今回の調査結果で明らかになった様に思われます。
(引用URL http://www.nikkei.com/article/DGKKZO81856850S5A110C1TQ4000/

ちなみに、通信講座などでCMでもよく見かける『ユーキャン』(http://www.u-can.co.jp)が2014年12月末に発表した「2015年のトレンド予測と資格取得」に関する意識調査では、TOEICが『2015年こそ武器になりそうな資格』の2位を記録したそうです(1位はFP:ファイナンシャルプランナー)。『取ってみたい資格』についても、FPに次いで2位となっています。

TOEIC.jpg

これらの調査結果からも、いかに英語資格「TOEIC」に対する需要が国内で高まっているかを計り知る事が出来ますね。 

他にも、TOEICプログラムを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が、25〜39歳のビジネスパーソンを対象に実施した「英語に関する意識・実態調査」で、『仕事で英語に触れた/使用した場面』は「メールでのやりとり」が14.3%が1位、「社内でのやりとり」が2位(11.3%)。以下は、3位が「電話でのやりとり」(11.0%)、4位は「資格試験受験」(5.5%)、5位は「会議」(5.0%)の順だそうです。

いかがでしたか?
こうした「日本全体の英語化トレンド」に乗り遅れない為にも、今のうちに英語力を身につけておきたいものですよね。

実際 I-MAKE http://www.i-make.co.jp/ でも、「仕事で英語を使う機会が増えた」や「海外赴任が迫っているため」といった、「ビジネス上で英語を使う必要に駆られて」お問い合わせや無料体験レッスン(http://www.i-make.co.jp/form.html)のご連絡を下さる新規のお客様が増えております。

一方で、ビジネス目的だけではなく、小学校の英語必修化への準備、大学センター試験のリスニング対策、英検の2次面接試験対策などなど、I-MAKEで英語を習われている方々の目的は千差万別です。

実のところ、I-MAKEに在籍されている方々の多くが初心者の方ばかりのため、「英語は中学英語で挫折しましたが大丈夫ですか?」や「英会話未経験者で英語力に全く自信がありません」といったお悩みやご相談から入られる方も少なくありません。
その証拠に、ご入会時に英語力をチェックする英語試験(CASEC)では、ほとんどの方が英検4〜5級程度(中学校1〜2年)という結果が出ます。そういう方にはやはり「完全マンツーマン」という環境でなければ厳しいのかもしれません。

誰だって自分が苦手とする分野でいきなり「グループ(集団)レッスン」というのはかなり抵抗がありますよね。特に私たち日本人にとって、慣れない英会話に関してはその傾向が強い様です。あるI-MAKEの生徒さんが「家族や親友であっても自分の英語を話す姿を見られたくないのに、どうして他人と一緒にレッスンを受けられますか?」と冗談まじりにおっしゃっていました(笑)。

I-MAKEには累計入会者数1,000名以上のデータをベースに、お一人お一人に合わせたカウンセリング方法やレッスン・ノウハウが蓄積されております。その証拠に、長年 I-MAKEに通われている方はスピーキング能力のみならず、上記の様なTOEIC, TOEFL, 英検などの資格試験のスコアも向上している方ばかりです。
詳しくは以下のURLより、実際の生徒さんのスコア(BEFORE AFTER)をご参照下さい。
(「特集」I-MAKEのレッスンは本当に英語力上達の効果があるのか?:http://www.i-make.co.jp/casec.html

2015年もスタートしたばかりですが、時間の経過は想像以上に早いものです。
「いつか英会話習いたいな」と頭によぎった時が「あなただけのスタートのタイミング」です。

I-MAKEでは全国のスクールで「無理な勧誘行為を厳禁」しておりますので、ぜひお気軽にお近くのI-MAKEまでお問い合わせ下さい。

I-MAKE マンツーマン英会話 http://www.i-make.co.jp
東京都23区・武蔵野市、神奈川県横浜市、静岡県浜松市、愛知県豊橋市・岡崎市・名古屋市、兵庫県西宮市、福岡県福岡市を中心に只今 全国エリア拡大中!
posted by サボリーマン at 00:00| 静岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする