2014年04月04日

英語は勉強した方がいい? - 「就職先に困らない」VS「日本で使わない」

皆さん、こんにちは。
長らく寒い時期が続いていましたが、ようやく春らしい暖かさを感じる日がだんだん増えてきましたね。

Mt. Fuji & cherry blossom .jpg


春という季節柄か「英会話レッスンを始めてみよう」と思われる方が多く、全国のスクール http://www.i-make.co.jp/school-access.html で連日新規のお問い合わせが続いております。一重に日頃から私どもを支えて下さっている皆様のご支援並びにご支持の賜物だと確信しております。この場を御借りし、厚く御礼申し上げます。  

お陰様で、マンツーマン英会話 I-MAKE http://www.i-make.co.jp は2014年新たに関西エリア&九州エリアにも開校する事が正式に決定しました。全国でまた多くの方々に安価で高品質なマンツーマン英会話レッスンを体験して頂ける体制が整って参りますが、その分レッスンやサービスの質を落とさない様、より一層気を引き締めていかなければならないと強く感じております。皆様、今後とも引き続き私どもマンツーマン英会話 I-MAKEを宜しくお願い致します。

さて、本日は面白い記事をご紹介させて頂きたいと思います。
就職情報サイト「マイナビ」http://www.mynavi.jp さんが会員500名(職種・年齢問わず)を対象に「あなたは英語を勉強した方が良いと思いますか?」という内容のアンケートを行った所、実に興味深い結果・回答が出そろいました。以下その記事内容となります。

【英語は勉強した方がいい? - 「就職先に困らない」VS「日本で使わない」】

001.jpg

会社での公用語が英語というところも増えていて、英語は必須になっている人もいるでしょう。英語は話せたらということは誰もが思うような気がしますが、そのためには勉強が必要となります。そこで、英語を勉強した方がいいのか、マイナビニュース会員500名にきいてみました。

Q.自分は英語を勉強した方が良いと思いますか?
はい 62.0%
いいえ 38.0%

はい
■仕事の幅が広がる
・「たまに仕事上の英文メールをもらい、その都度上司に迷惑をかけているから」(41歳男性/機械・精密/技術職)
・「最新のスキルは英語だし、仕事がどんどんグローバルに進んでおり、仕事の範囲も広がるから」(31歳女性/情報・IT/技術職)
・「仕事柄、海外とやり取りする機会が今後増えそうだから」(27歳男性/運輸・倉庫/事務系専門)

■将来のため
・「将来会社が何かあったときに英語を身に付けておいた方が、次の就職先に困らないと思うから」(27歳男性/不動産/その他)
・「将来海外移住の選択肢も広がるから」(22歳女性/食品・飲料/営業職)
・「働いたり生活する場を日本国内に留めておく必要がないため。可能であればどこでも生活できるようにしておくのが望ましいと思う」(30歳女性/小売店/事務系専門職)

■その他
・「ふだんは使う必要はないが、インターネットを使って海外の情報も自力で得られるようになれると良い…町中で外国人に何か(道など)聞かれたときに答えられるようになりたい」(51歳女性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「英語ができるとかっこいいし職場でも一目置かれるし損はないから絶対勉強したい」(27歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「東京オリンピックで、外国人観光客が増えるから、少しでも話せるようになり役に立ちたい」(30歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

いいえ
■仕事で必要ない
・「英語は得意科目なので勉強するのは苦痛ではないが、仕事では別に必要ない」(24歳男性/その他/その他)
・「今のところは仕事中に使うことがないので勉強しなくても良いと思うから」(26歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「仕事や日常生活で英語を使用することがないから」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■話す機会がない
・「使えなくても何とでもなる環境が整いつつあるから」(29歳男性/電機/技術職)
・「仕事や日常生活で英語を使用することがないから」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「英語が必要な部署が少ないため」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■その他
・「必要ならば自然に覚えるから」(37歳男性/情報・IT/技術職)
・「日本人なら日本語をしっかり覚えていれば十分だから」(24歳男性/小売店/その他)
・「特にキャリアアップなどの野望もないので」(35歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

■総評
アンケート回答者の6割以上の人が、英語を勉強した方がいいと答えていました。

海外旅行の帰りには必ずといっていいほど、「英語を勉強しよう、英語が話せたらもっと楽しかったはず」とそのときは思うのですが、日常に戻っていくとだんだんとその気持ちが薄れてしまうという人も多いでしょう。しかし、英語が話せることで「給料が上がったり」「仕事が見つけやすい」ということがあるのであれば、勉強した方がよさそうです。

一方、それほど「話す機会」がないのも事実で、仕事で必要がなかったら勉強しようという気にはならないのかもしれません。

「必要ならば自然に覚える」が、できるのであれば期待したいところ。最近は、英語を聞くだけで話せるようなツールも出ているようです。頭がやわらかいうちにチャレンジしてみますか。

調査時期:2013年11月15日〜11月16日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:男性219名 女性281名 合計500名
調査方法:インターネットログイン式アンケート
(引用URL http://news.mynavi.jp/news/2014/02/18/043/

【記事を読んで】
興味深いのは、20代のいわゆる若手社員だけでなく、30代〜40代の中堅社員、また50代の管理職クラスまで「英語を勉強しなければ」という意識が高まっている事だと思います。
また、英語を必要としている方の職種も「機械・精密/技術職」「運輸・倉庫/事務系専門」「医薬品・化粧品/事務系専門職」など多岐に渡っている点です。
これは、「英語」が一昔前の単なる「就職・転職対策用の資格」という位置付けをされているだけでなく、「英語でのメールのやり取りが増え、上司に迷惑をかけたくない」などに見られる「必要性に駆られて英語を習わなければいけない事態」にまで迫っている為だと思います。

実際、I-MAKE http://www.i-make.co.jp の生徒様からも「ある日社内文書が英語になったので、英語を習わなければマズい・・・」(32歳男性/機械・精密/技術職)や「急な人事異動で来月からアメリカでの勤務が決まったので、どうにかして欲しい」(48歳男性/大手自動車メーカー/営業管理職)といった、実に生々しいお声を日々耳にします。このアンケート結果を見ていると、もはや「対岸の火事」と言える猶予が無い程、日本全体が「英語が出来なければいけない」という状態になっている事がよく分かります。

一方、「英語ができなくても生きていける」というご意見も、今回のアンケート結果で見られます。確かに、「今のまま変わらない日本」が続けばそれも可能でしょうが、「少子高齢化」が進み年々労働可能な日本人の数が減っていく中では、もはや「外国人の労働抜きに日本は成立しない」事を疑う方はいらっしゃらないと思います。
要するに、そんな同僚やビジネスパートナーが外国人だらけの「新しい日本」の中で「外国人を避け続けて生きる日本人」になるか、「どんな外国人を相手にしても堂々と自分の考えを自分の言葉で伝えられる新しい日本人」になりたいかという差だけだと思います。
もしあなたが後者であれば、私たちI-MAKEが全力でバックアップ致します。

英語は「最初のきっかけ」が重要です。 
いきなり何十万もの大金を投じるのはさすがに気が引けると思いますが、I-MAKEであれば1万円台から習い始める事が出来るので気軽にスタートできますよ。

一緒に英語を話し、これまでの自分では見えなかった世界を見てみませんか?

I-MAKE マンツーマン英会話 http://www.i-make.co.jp
静岡県浜松市、愛知県豊橋市、愛知県名古屋市名東区、愛知県岡崎市、神奈川県横浜市金沢区、東京23区を中心に只今 全国エリア拡大中!
近日 関西エリア&九州エリア 新規オープンスクール情報HP公開予定♪
posted by サボリーマン at 09:32| 静岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする