2009年01月16日

これって英語で何て言うの?意外にカンタンなんだー!

英語を話す時、戸惑ってしまうのが、
「日本語ではこう言うんだけど、英語で何て言えばいいのか分からない・・・」
特にレベルがアップする程、細かいニュアンスを相手に伝えたくなるものです。
今回は「これって簡単な英語でどう言えばいいの?」という表現をいくつか紹介していきたいと思います。

「今日は何曜日?」
What day of the week is it?
前置詞のofには〜の、〜の中のという意味合いがあります。つまり、1週間の内で今日は何の日なのか?と聞けばいいわけです。

「すっぽかす」
Stand up.
Stand upと聞くと、普通はsit down(座る)の対義語だと思いますよね?もちろんその意味が一般的なのですが、「(約束していたのに)行かない(すっぽかす)」という意味もあるんです。
例えば、He stood me up yesterday. (昨日彼が私との約束をすっぽかしたの)
という感じで使います。
意外と簡単な英語ですが、こんな風にも使えるとちょっと上級者という感じがしますよね。

「よろしくお願い致します」
Thank you.
実はこの「よろしくお願いします」にピッタリな英語はありません。
よく疑問に思われる方も多いと思います。考えてみると私たちが「よろしくお願いします」と言う時って、何か具体的な事を表現するためではなく、相手に敬意を示すためですよね?つまり「よろしく」はそれだけ「日本語的な表現」だと言う事です。他には、もっと軽い感じで、Thanks. やメールの末尾などにつけるSincerelyなどを使い分ければ十分です。

以上「これって簡単な英語でどう言えばいいの?」を紹介させて頂きました。
また面白い英語ネタがあれば紹介していきます。楽しみにして下さい♪


マンツーマン 英会話 I−MAKE http://www.i-make.co.jp/ 
浜松 豊橋 東京都23区(足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区 練馬区、文京区、港区、目黒区)
posted by サボリーマン at 11:32| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

フレンチレストラン Queen's Hillさん

P010392.jpg
今回は、浜松マンツーマン英会話 I-MAKE http://www.i-make.co.jp/の広告提携(フライヤー設置)にご協力いただいている、
「Queen’s Hill」さん http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000427370.html
を紹介致します。
半田山に位置する一軒屋風のフレンチレストランで、全体的にヨーロッパの雰囲気が漂っています。おしゃれな外観もさることながら、料理の味も格別と評判の高い名店です。
ランチ・ディナーコースなどもあり、誕生日や記念日を祝いたいカップルなどにも向いています。また、敷地内にはウェディング・セレモニー用のチャペルがあるため、こちらで挙式をあげるカップルも少なくありません。隣接する「Queen’s Hill ムーアンジュ」さんhttp://www.at-s.com/bin/guru/GURU0040.asp?yid=A128572408 は、特に女性に大人気のケーキ専門店です。ケーキ好きな方には一押しのオススメ店です。
ぜひこの機会にQueen’s Hillさんを訪れてみてください。日常では味わえないオシャレな雰囲気に、きっとご満足頂けると思います。

浜松 マンツーマン 英会話 I−MAKE 豊橋 東京都23区(足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区 練馬区、文京区、港区、目黒区)http://www.i-make.co.jp/
posted by サボリーマン at 09:47| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

本格インドネシア料理 スラバヤさん

shop_hama.jpg

今回は浜松で本格インドネシア料理が味わえるスラバヤ(SuraBaya)さん http://www.surabaya.jp/index.html を紹介させて頂きます。以前より浜松マンツーマン英会話I-MAKE(http://www.i-make.co.jp/
の広告提携にご協力頂いているお店です。場所は、浜松モールプラザサゴー地下1階に位置しており、店内の雰囲気はアジアンリゾートさながらのお洒落な作りになっております。私はよくジャワ・カレーセットをランチで頂くのですが、ココナッツの香りとスパイスが絶妙な組み合わせですっかりはまってしまいました!まだ訪れた事のない方はぜひ一度スラバヤさんで本格インドネシア料理を体験してみてください。きっとお気に入りの一店となるはずです♪

浜松 マンツーマン 英会話 I−MAKE 豊橋 東京都23区(足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区 練馬区、文京区、港区、目黒区)http://www.i-make.co.jp/
posted by サボリーマン at 22:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

英語を上達させるって?

日本人は「自分は英語が苦手だ」と英語に対してネガティブなイメージを抱く傾向がある気がします。ましてや「英会話なんて私にはムリムリ!」と否定的になりがちです。
しかし、本当にそうでしょうか?
逆に、日本ほど、普段の会話で英語を使う国も少ないとは考えられないでしょうか。
インターネット、デトックス、コスメティック、トレンドなどなど、今やTV・雑誌などで、カタカナ英語を見ない日はないと言っても過言ではありません。
そう考えると、私たち日本人は世界的に見ても「英語を話せる人種」という事になります。

私自身、英語は中学校レベルの文法で十分話せると思います。
もっと言えば、そこまでのレベルに行かなくても話せると思います。
なぜなら「言葉は通じる事が最大の目的」だからです。

では日本人が一般的に「英語が苦手だ」と考えてしまうのには、何か理由があるのでしょうか?

その原因は、「完璧に英語を話せないから恥ずかしい」という感情的な要素から来ていると考えられます。
しかし、誰も完璧な発音で、完璧な語彙で、完璧な文法で話せなければ、話せていないと言っていません。
むしろ、そんな日本人はそもそもいないでしょう。
当たり前ですが、私たち日本人はあくまで日本人で、アメリカ人でもイギリス人でもないのです。

私は仕事柄、英語を毎日使っていますが、いまだに知らない事だらけだなーと反省と学習の毎日です(笑) 
例えば、最近知ったフレーズの一つに
「一発屋」という言葉があります。
英語で何ていうか分かりますか?
「15 minutes of fame」って言うんです。これは当然ネイティブの講師から教えてもらいました。直訳は15分の名声。つまり、つかの間の名声だから、あっという間に終わってしまうって意味なんです。これは日本人には分かりません!

明治の文豪夏目漱石でさえ、イギリスに国費留学した際、あまりに自分の英語が通じず、神経衰弱になったと言われています。
あれだけの文才を持つ方です。
それだけに、先にも述べた「完璧に英語を話せないから恥ずかしい」という感情が、彼を追い込んだのではないでしょうか。
しかし同時に、どれだけ文才がある日本人でも、英語を完璧にするのは無理だという一つの根拠にもなるはずです。

ずいぶん回りくどい説明をしましたが、英会話を上達させるにあたって、
まずは「できない、知らないはまったく恥ずかしくない」という意識を強く持つ必要があると思います。
これをポジティブに考えるには、
「できないまま、知らないままにすると、もっと恥ずかしい」と発想転換するのもいい方法です。
この意識を軸にして、
「自分は必ず英語がうまくなる、上達する」と強く心で思う事。
その上で、英語を勉強すれば、上達は早いと思います。

NHKプロフェッショナルなどでも有名な脳科学者の茂木健一郎さんも、
脳は褒められる事で学習効果が数段にもアップするという様なコメントをしていました。
また、逆に叱られる・けなされる事で、やる気を失ってしまうのも脳科学的な根拠があるそうです。

「自分には英語が向いているんだ、きっとできる」
ぜひ一人でも多くの方にそう思ってもらえるよう、
今後とも私たちマンツーマン英会話I−MAKEは
日々努力して参ります。

マンツーマン 英会話 I−MAKE http://www.i-make.co.jp/ 
浜松 豊橋 東京都23区(足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区 練馬区、文京区、港区、目黒区)
posted by サボリーマン at 09:30| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

家具・雑貨類を扱うオシャレなショップ FREE’S (フリーズ)浜松さん

outside.jpg
今回は、弊社浜松マンツーマン英会話I-MAKE http://www.i-make.co.jp/ 
の広告提携に協力いただいているオシャレな雑貨屋さん、FREE’S (フリーズ)浜松さん(http://www.frees-jp.com/)を紹介します。場所は静岡県浜松市東区有玉西町150-1  http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%C0%C5%B2%AC%B8%A9%C9%CD%BE%BE%BB%D4%C5%EC%B6%E8%CD%AD%B6%CC%C0%BE%C4%AE150-1&lat=34.74757528&lon=137.74479889&type=&ei=euc-jp&sc=3&gov=22132.3.8.1
と少し浜松中心街からは離れていますが、訪れる価値ありの雑貨屋さんです。北欧家具・雑貨や、おもちゃ類などを幅広い商品を扱っています。特に、他の雑貨屋さんでは見たことのないようなユニークな商品が多く、FREE’Sさんの「こだわり」が伺えます。
友人や恋人にプレゼントを贈りたい方や、こだわりの家具を探している新婚さんなど、迷ったら一度FREE’Sさんを訪れてみてください。きっとあなたのお気に入りの一品が見つかるはずですよ。


マンツーマン 英会話 I−MAKE http://www.i-make.co.jp/ 
浜松 豊橋 東京都23区(足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区 練馬区、文京区、港区、目黒区)
posted by サボリーマン at 16:44| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

I-MAKE新講師 グレイム先生!

IMG_2877.JPG

  DSC04899.JPG   DSC04905.JPG
ニュージーランド出身のグレイム先生
http://www.i-make.co.jp/introduction-detail.html?keyid=12
は、なんと14年間オーストラリアで建設会社を経営していた元社長・講師さんです。私よりずっと経営経験が豊富なため、個人的に「マンツーマン」の授業をうけたい気もしています(笑) 先生は、東区の比較的笠井・浜北方面近くに在住しており、なんとご自身のレッスンスペース(写真参照)もお持ちなので驚きです。さすが元社長さん・・・。東京の銀座にかつて住んでおり、ずっと「マンツーマン」の英語を教えていらっしゃった、まさに「マンツーマン英会話のプロフェッショナル」です。相手の話すペースにあわせ、ゆっくりと会話をして下さり、文法的な間違いなどは正確に教えて下さる几帳面な先生です。着実に英語を伸ばしたい方、正確なビジネス英語を学びたい方(特にプレゼンテーション能力の向上などが急務の方)、ゆっくりとリラックスできる雰囲気で学びたい方などには、ピッタリの先生だと思います。ぜひ新しく浜松 マンツーマン英会話 I-MAKE http://www.i-make.co.jp/ の仲間になられたグレイム先生と一緒に、楽しく英語を伸ばしていきましょう♪ Welcome to I-MAKE, Mr. Graeme!
posted by サボリーマン at 10:52| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

I-MAKEの環境を考える

IMG_28881.JPGIMG_28891.JPG

今に始まったことではないのですが、最近メディアなどでも報じられる世界的なCO2(二酸化炭素)削減の取り組みとして、浜松マンツーマン英会話 I-MAKE http://www.i-make.co.jp/ ができる事はないかと考えております。
大それた行いをする必要はないのですが、まずは身近なところで始めることができると思います。たとえば、スーパーなどで、できる限りレジ袋を断ることは誰にだってできます。
あくまで一指標ですので、正確だとは言えませんが参考までにこのデータをご覧下さい。
http://www.eccj.or.jp/food/s02_3.html
財団法人省エネルギーセンターのものですが、私たちの家庭1世帯が1年間に受け取るレジ袋の量は約315枚としています。これは、約13500ml、つまり、13.5キログラムもの石油量だというから驚きです。だからこそ、バカにはできない取り組みなのではないのでしょうか。
他にも「ファッション」と「エコ」を組み合わせた画期的な方法がアウトライド社の商品にありました。私もついつい買ってしまったのですが、「SWICHRING(スイッチリング)」というプラスチック製の指輪になっています。http://www.outride.jp/switch/ この指輪の素晴らしい点は、まず何と言ってもそのデザインのかわいさです。さらに、2つのパーツを組み合わせて出来る指輪のため、自由に他のデザインと組み合わせができ、飽きることがありません。そして、最大の魅力は、このスイッチリング10個を買うことによって、1本の木が植えられるという点です。つまり、おしゃれを楽しみながら、エコにも貢献できるという何とも有りがたいプロジェクトなのです。私はFrancFranc(フランフラン)さんで買いました。興味のある方はぜひ見てみて下さい♪
最後に、こちらはまだ日本には一般的に浸透していないシステムなのですが、ヨーロッパなどでは既に取り入れている一般家庭も多い「Carbon offset カーボン・オフセット」を紹介したいと思います。英語のサイトで申し訳ございませんが、http://en.wikipedia.org/wiki/Carbon_offset (Wikipedia参照)に説明があります。簡単にいえば、自分が普段生活で使っている二酸化炭素量を計算し、それを排出権を販売する専門の会社から、お金で買い取るというシステムです。つまり、出してしまった分の二酸化炭素を、責任をもって買い取るというアイディアです。お金で二酸化炭素を減らすというアイディアに対して意見はいろいろあると思いますが、私はそれが地球に貢献できていれば特に問題ないと思います。それどころか、ぜひ私ども日本人も見習いたいシステムだと思います。以下のサイトで実際にカーボン・オフセットが利用できます。ぜひご興味のある方はご覧になって下さい。http://www.co-j.jp/home/
以上長くなりましたが、「I-MAKEの環境問題を考える」でした。
posted by サボリーマン at 10:14| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

接待編

7115.jpg

日本のビジネスマンは、休日も上司のために喜んで捧げる。例え家族が病気になっていても、友人との先約があったとしても、上司の命令となれば喜んで従う。
Salaryman is willing to spend his holiday with his boss. Even when his family get ill or he has some appointment with his friend in advance, he delightfully follows orders of his boss.
posted by サボリーマン at 09:29| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

おもちゃ専門店!

IMG_2526.JPG
先日家族で浜松市中心部にあるおもちゃの専門点「Sun Sun Toys」さんhttp://sunsuntoys.jp/ にお邪魔しました。店内には至る所におもちゃ、おもちゃ、おもちゃがあり、そのバリエーションの豊富さに舌を巻きました。輸入もの、国内生産のもの、ディズニー、ハリウッドもの、本当に沢山のおもちゃが揃っています。私は個人的にパイレーツ・オブ・カリビアンのジャック・スパロウ船長の首ふり人形が気に入ってしまい、ついつい購入してしまいました(笑)他にもスターウォーズのリアリティ溢れる模型があり、素人ながらその精巧さに見入ってしまいました。子供はもちろん、大人まで楽しめるお店です。店員さんも非常に丁寧に説明して下さるので、出産祝いやお友達の誕生日プレゼントにとお考えの方はぜひ一度足を運んでみて下さい!その価値大ありですよ♪
posted by サボリーマン at 09:13| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

オススメの1冊!

517VHRQ8EWL__BO2,204,203,200_PIsitb-dp-500-arrow,TopRight,45,-64_OU09_AA240_SH20_.jpg
最近本屋でたまたま手に取った手に取った1冊です。何気なく開いたのですが、その中身はとても充実しておりビックリしました。日本人が英語を話す時、ついついやってしまいがちな「日本人独特なミス」。ひとつひとつ具体例をあげて、「あーそれ言っちゃうな〜」と私自身も読みながら自分の英語を振り返る本でした。例えば、「私の故郷は静岡です」を英語にすると、My hometown is Shizuoka Prefecture.と言ってしまう。これが日本人の典型的なミスだと。正しくは、My hometown is in Shizuoka Prefecture.やI am from Shizuka Prefecture. 他にも「結婚する」を意味する動詞の「marry」の使い方で、よく日本人はHe married with Rika. (彼はリカと結婚した)というミスを起こしがちだとか。実際は「with」は不要で、He married Rika. 「with」を使う場合は受動態に変形させてHe got married with Rika.と使い分ける。 などなど
ま、一度覚えればそんなことってモノばかりですが、意外や意外に言ってしまってるフレーズなどもあり、身にしみる一冊だと思います。私個人の感覚としては、ある程度文法を一通りこなした上で読んで頂ければ参考になると思います。レベルとしては英会話でそれなりに意思疎通ができる中級レベル以上の方であれば楽しんで頂けるかもしれません。最後に、このブログのタイトルである「さぼリーマン」は言うまでもなく造語ですが、この本にもあったようにSalarymanというのは和製英語であり、私が日本のサラリーマンという独特な集団を表現しようとあえて使っている単語なので、ご了承下さい。本にはサラリーマンに適する単語はないとありましたが、強いて言うなら「Japanese businessman」といったところでしょうか。
posted by サボリーマン at 11:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

YES!YES!リーマン

img016.jpg
日本のビジネスマンは、飲み会が大好きだ。特に上司の飲みの誘いを断ると、職場で立場がなくなる。
Salaryman frequently drinks sake with his colleagues. Especially, if he refuses boss’s inviting, salaryman loses his seat from tomorrow.

일본의 비지니스맨은, 회식을 아주 좋아하다.특히 상사의 마시기의 권유를 거절하면, 직장에서 입장이 없어진다.
posted by サボリーマン at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多才 ブレット!

IMG_2478.JPGIMG_2477.JPG
浜松マンツーマン英会話 I−MAKE講師のブレット(http://www.i-make.co.jp/introduction-detail.html?keyid=7)は、なんと漫画の翻訳をしているほど、実は日本語がお上手!
これがブレットが実際翻訳をした漫画です。ね、本当に「翻訳・ブレット メイヤー」と書かれていますよね。すごいなぁ〜ブレット!

I-MAKE teacher, Bret is enough good at Japanese to be able to translate Japanese “manga” into English! See, it is really written as “Translation-Bret Mayer”, isn’t it? You are Cool Bret!
posted by サボリーマン at 00:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

お世話さまですぅ〜〜

img011.jpg.jpg
日本のビジネスマンは、電話をかけるとまず一言目に、例え相手が知らない人間であっても、「お世話になります〜」と挨拶をする。
Salaryman greets everytime he calls some company, first of all saying “Osewaninarimasu(= Thank you for your help) even if the company is a stranger.
posted by サボリーマン at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

リスニングが苦手なあなたへ!

41UCzjFDXBL__BO2,204,203,200_PIsitb-dp-500-arrow,TopRight,45,-64_OU09_AA240_SH20_.jpg
リスニングができれば英語が話せたも同然です。その証拠に日本人同士でも、相手が自分の言ってる事を理解して相づちを打ってれば、「言葉は通じている」ことになります。そもそも日本語には、「あ・い・う・え・お」の母音が5つしかなく、他のどんな言語に比べてもその数が少ないのです。そのため、外国語を学ぶとき、必ず日本人が「発音がへた」と自分自身に感じるのは当たり前なの事なのです。
つまり、「未体験の音」を出せと言われているのと同じであり、そもそも「その音何ですか?」って所から始まるのですから。同様に、聞く時にも、その音と文字が同じものと結びつかない限り、まず聞き取れません。リスニングが苦手だなって思う方、原因がわかりましたか?
そのリスニングを鍛えるためには、ある種の訓練が必要です。最近たまたま知人から紹介してもらった宝島社出版「英会話高速メソッド」はその訓練には抜群だと思います。
英語を英語の語順のままに理解し話せるようになるために、「5段階高速リスニング」&「4段階高速スピーキング」を駆使して、誰にでも話せる英会話力が簡単に身につけられるように書かれています。
と同書の紹介文にもある通り、英語の語順をそのまま単語や節に区切って聞き取れるため、非常にリスニング力が上達する一冊だと思います。リスニングが苦手と感じるあなたには、ぜひオススメしたいです。
浜松マンツーマン英会話 I-MAKE http://www.i-make.co.jp/index.html
posted by サボリーマン at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

間違えません リーマン

img017.jpg
日本のビジネスマンは、自分が言った事を否定される事を嫌う。特に上司が言った事は、例え間違っていても、否定できない。もし否定をするならば、生意気と見られ、最悪首に陥る。
Salaryman dislikes being denied for what he said. Especially, what the superior said is ,even if it is incorrect, any subordinate can neither deny nor point out. If you carelessly do so, you will seem insolent and in the worst case, you will get fired.
posted by サボリーマン at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

はげねーマン

img010.jpg
日本のビジネスマンは、ハゲを隠したがる。どれだけ髪の毛が少なくなって、最後の一本になっても、自分がハゲであるという事実に反抗し続ける。とんでもないスト集団なのである。
Salaryman wants to hide his bald head. However balder his hair gets to last one, he wants to resist the fact that he is bald. So they are on strike indefinitely.

posted by サボリーマン at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

ホントに外国語を学びたいのなら

浜松 豊橋 マンツーマン英会話の I-MAKEへ http://www.i-make.co.jp/
posted by サボリーマン at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

2007年12月19日

早起き編

img009.jpg

サボリーマンは、「いつも」7時ちょうどに職場に向かうんだ。
Saboriman always gets to work at 7 am sharp

 どうせ「二度寝」するなら、職場でした方が効率的でしょ?
- he wouldn't want to miss his morning nap.
posted by サボリーマン at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日